喪中 おせち

喪中 おせち /喪中にお雑煮やおせちを食べてもいいの?

喪中にお雑煮やおせちを食べる行為は控えた方がいいのでしょうか。

他にも、「もしもお雑煮やおせちを食べる場合に注意すべき点は何か」「初詣には行ってもいいのか」など、疑問に感じることは沢山あることと思います。

おせち料理を喪中のときに食べてもいいの?というと、食べない方がよいというのが通例でした。

縁起がよいとされている食材や料理がたくさん並んだおせち料理は、お祝いの料理なので、喪に服し、お祝い事を避けている時期には控えた方がよいとされてきました。

しかし、最近は、おせちを事前に注文される方も増えており、事前に注文していてキャンセルもできない場合には、重箱から出して、日頃使っているお皿で、通常のお食事として食べる事も一般的になりつつあります。

そんな喪中のおせちの食べ方や知っておいた方がいい知識についてご紹介したいと思います。

忌明け後であれば食べてもいい

喪中のおせち料理に関しては特にはっきりとした決まりはありませんが、目安として一般的に忌があけた四十九日後であれば問題はないという考え方が一般的です。

神葬祭の場合は、「五十日祭」ですね。

現在では従来の喪中期間を過ごしている人はほとんどいないようです。

特に、会社や学校関係では、初七日や四十九日が明けると、喪中を解くのが一般的です。

喪中の年は、普段のお正月と比べると来客も少ないでしょうし、家族や親族でも近い存の人が集まるくらいですのであまり気にしなくても良いでしょう。

但し、四十九日を過ぎたからいつも通りおせち料理を食べなくてはいけないという訳でもありません。

四十九日は過ぎたもののやはりおせち料理という気分にはならない、何となく喪中におせち料理を食べるのは気になるという場合には無理に食べる必要もありませんし、控えておく方が気分的にも楽ですね。

おせち料理は元々はお供え物でお正月を祝う料理であり、日常的な食事よりも豪勢なため、喪中に食べる料理としては不適切と言えるかもしれませんが、おめでたいことを避けるといっても、家の中で食べるものにそこまで気を配る必要はないという考えも広まっており、忌明け後なら喪中であっても遠慮せず、おせちをかまわず食べる人は最近ではかなり増えてきています。

さすがに身内を亡くしたばかりなので忌中期間のお祝い料理は不謹慎ですが、忌明け後ならある程度時間も経っているため問題ないという考え方が一般的になりつつあります。

ただ、喪中におせちを食べる際には、故人に配慮して気をつけたいポイントがいくつか存在します。

まず、お祝いを意味する紅白の食べ物や鯛、伊勢海老などは避けるようにしましょう。

喪中のおせちにはかまぼこや黒豆、栗きんとんなどを中心にしたものを用意するのが一般的ですが、おめでたさを演出する重箱を使わずにお皿に盛る、お酒は控える、お祝い箸は使わないなど食事中のマナーにも気を配りましょう。

地域や家庭によって違う

喪中のお雑煮やおせちへの対応は、各地域・家庭などによって違います。

現代では喪中期間の身を慎む振る舞いを厳格に行っている人は減少しています。

その理由として考えられるのは、昔よりも現代の方がやるべきことが多い点、現代の人の価値観が多様化している点、喪中期間が一年と長すぎる点などが挙げられます。

そのため、各地域の慣習や各家庭の考え方も異なり、それぞれのやり方に合わせた対応を取っています。

例えばご親戚など大勢の人を集め、パーティを始めることはしないけれど、普段の食事と同じ扱いで食べるなら問題ないとする人もいます。

他にはおせちもお雑煮も一切作らない人もいれば、いつもと違う材料で作る人もいるのです。

お雑煮は喪中に食べても大丈夫?

年末年始といえば年越しそばやお雑煮など、特有の食べ物が登場する時期でもあります。

これらの食べ物にもそれぞれに意味があり、喪中に食べても良いものか気になる人も多いでしょう。

お雑煮は地域によって味や具材は異なるものの、お餅は必ず入れてあります。

昔のお餅はおめでたいことがあった時、祝いの席で出される食べ物という扱いでした。

お雑煮の始まりは平安時代まで遡り、歳神様へお供えしたお餅や野菜などを煮込み、お正月に食べるようになったとされていますが、昔はお餅の値段が高かったため、一般人は代わりに里芋を入れていました。

また、おせちは季節の節目に無病息災や豊作を願うお供え物の1つとして作られたのが始まりとされており、現代では重箱に詰められたお正月に食べる料理をおせちと呼んでいます。

このように、お雑煮は元々高級な食べ物として用いられており、お祝い事や記念日などの特別な日に食べるものでしたが、現在ではごく一般的な食べ物として浸透しているので、喪中の正月に食べても問題ないという考え方が常識です。

ただし、お雑煮もおせちと同様に、豪華にしてお祝いの雰囲気を出す事は避けるのがマナーです。

紅白色のかまぼこや花型に切ったにんじんなどは入れず、出来るだけシンプルにまとめたお雑煮を用意するようにしましょう。

年越し蕎麦は喪中に食べても平気?

年越しそばの由来には諸説ありますが「長いものを食べて健康と長寿を願う」「1年間の厄を切り落とす」という意味合いで食べるものとされています。

新年を迎えるお祝い的な意味は含まれていないので、喪中でも気にせず食べて問題ないと言えるでしょう。

ただ、年越し蕎麦も、お祝い事を連想させる食材を入れるのは出来るだけ避けた方が無難であり、出来るだけ普段通りの食事の一環として用いるのが好ましいです。

<h3>喪中に「おとそ」は飲んでも大丈夫?</h3>

お正月にいただくおとそ(酒)も、控えた方が良いという意見と、忌明け(四十九日)後はOKという意見がありますが、日常の食事として食べる分には問題ないと考えている人が多いようです。

ただし、サークルや職場の飲み会は、忌明け以降にしましょう。

真言宗を信仰している場合、喪中におせちは食べても大丈夫?

真言宗では、一周忌までが「喪中」で、この日で喪が明けることになります。

喪中に迎えたお正月は、年賀状や年始挨拶、正月飾り、初詣などの正月行事は控えます。

おせちやお雑煮は普通に食事としてならOKですが、重箱や祝箸を使うのは避けた方が良いでしょう。

また「寿」などの正月飾りもNGです。

おとそは避けた方が良いでしょう。

「喪中」の喪に服すということは、身内に不幸ののち、一定期間亡くなった人の死をいたみ、つつましく暮らしていくことを意味します。

派手な行動は避けましょうという意味を忘れないことが大切です。

喪中 おせち /喪中と忌中の違い

「忌中」と「喪中」を聞いたことがあると思いますが、どちらも身内に不幸があり、身を慎めて祝いごとを避ける期間です。

一般的には、「忌中」は50日、「喪中」の期間は13ヵ月が目安になります。

特に「喪中」の場合は、年末年始のお祝い事も避けなければならないと言われていますが、最近、「喪中」の過ごし方も少しずつ変わってきているようです。

「喪中」の一般的な意味は?

喪中とは、喪に服している期間を指した言葉です。

身内がお亡くなりになった後は故人の死を悼むため、決められた期間内は行動を慎むことを心がけます。

そのため、喪中期間はおめでたいことや派手な行動などは避けた方が良いと考えられています。

忌中との違いは?

意味は忌中も喪中も同じですが、大きな違いとして期間の長さが挙げられます。

ただし、喪中と忌中の期間の定義は宗教によって様々で、喪中の期間は約一年間であるのに対し、忌中の期間は仏教なら四十九日、神道なら五十日となっています。

さらに仏教と神道では死に対する考え方も違います。

神道では死を穢れと考えていますが、仏教にはそういった考えはありません。

正確に言えば死をきっかけに寄って来る邪気を穢れとみなしています。

考え方の違い

「喪中」と似た言葉に「忌中(きちゅう)」というものがありますが、両者は意味が異なります。

死を穢(けが)れと考え、「忌」は穢れが強い期間、「喪」は穢れが薄まり、故人の死を偲ぶ期間とみなされています。

かつては、忌中の間は外出することも控えられていました。

現在でも結婚式を挙げるなど慶事は行わないことがマナーです。

喪中の期間も、現在はほぼ通常の生活が行われていますが、昔は喪服を着て過ごすのが一般的でした。

社会から穢れを隔離する忌中

喪中としばしば混同されるのが、忌中ですが、身近に不幸があった人が死の穢れがある間は社会的な活動を控えるというのが忌中の慣しです。

かつて死が穢れとされていたころの習わしの名残で、死がほかの人に伝染することの無いよう、人々の生活する共同体から隔離するという意味がありました。

この期間は仏教では49日間(四十九日法要まで)、神道では50日間(五十日祭まで)とされています。

忌中という言葉の由来は、殯(もがり)の儀礼にまでさかのぼると考えられています。

日本の最も古い葬儀の様式ともいわれ、死者が出ると遺族は仮小屋を建て、その小屋の中で一定期間、故人と共に暮らしました。

殯を行う理由については、死者の蘇生を願うものであったという説もあれば、一方で死者の祟りを防ぐためともいう説もあります。

殯の期間は、遺体が白骨化するまで行われたようで、故人の身分が高いほど長期にわたったといわれています。

この期間、食事を作る際に煮炊きする火も穢れていると考えられたため、遺族は調理のための火種も普通の人とは分けられ、「別火生活」ともいわれていました。

自主的に行動をつつしんで故人の冥福を祈る喪中

忌中は死を忌み嫌う社会的な強制力が働いていたのに対し、喪に服するというのは、どちらかというと自主的な行為となります。

生活をつつしんで、故人の冥福を祈るという意味があります。

門を閉ざし、家の中でも喪服を着て人との交わりを避ける、慶事や祝い事への出席は控えるなどしていました。

期間の違い

一般的には、忌中は四十九日の法要まで、喪中はほぼ一周忌まで、と考えられています。

あくまで本人の気持ち次第で、深い悲しみを感じるのならばより長い時間が必要になりますし、反対に立ち直りが早ければ短い期間で済むこともあります。

一般的に考えられている喪中の期間は、明治時代の法律を参考に、13ヶ月とされるケースもあるようです。

1年ということは、この期間に必ず年越しがあるため、故人が亡くなって最初の正月は、喪中として過ごすことになります。

故人との続柄によって喪中の範囲やその期間が変わり、一般的には2親等までが喪中となることが多いようです。

四十九日までが忌中、一周忌までが喪中

一般的に、仏教では没後49日間、神道では50日間を「忌中」とされており、そして死後一年間を「喪中」と考えられていますので、喪中であっても、50日祭を終えれば「忌明け」として鳥居をくぐって初詣をしていいと言えます。

ただし、「忌」の捉え方が神社によって違ったり、死の忌みは五十日祭を終えても続くとされる地域もあるため、地元の神社に確認されるといいでしょう。

お祝いに関しても、一般に故人が亡くなってから49日間(地域により100日間)を過ぎていれば、喪中であっても家庭内でお正月を祝ってもいいとされています。

ただし、地域や親戚の考え方もあるので、周りの意見を聞くのが安心でしょう。

忌中と四十九日と満中陰

現在では、仏式の忌中の期間は、故人が亡くなってから四十九日法要までを指します。

地域や宗派によっては三十五日という場合もあります。

仏教ではこの期間、次の生を受けるまでの期間とも考えられており、この期間を中陰(ちゅういん)または中有(ちゅうう)ともいいます。

この中陰が終わる日を中陰の満ちる日と書いて、満中陰といいます。

この期間を過ぎると忌が明けるとされ、忌明けの法要が営まれます。

浄土真宗と浄土宗の喪中に対する考え方の違い

浄土真宗の喪中の考え方

浄土真宗には、「忌中」や「喪中」はありません。

「亡くなった人は、忌中(四十九日)を待たずに極楽浄土へ行かれ、阿弥陀如来様の元で仏様になる」という考えがあるため、 死も悪いこととはとらえていません。

浄土真宗では、特に喪中ハガキも出しません。

お正月も普通に過ごしてかまわないという認識です。

基本的に、お正月も人それぞれ自己判断で好きなように過ごしてOKのようです。おせちやお雑煮も自由です。

ただ、他人からは非常識と思われる可能性もあるため、派手なお正月の過ごし方は避けた方が無難です。

浄土宗の喪中の考え方

浄土宗では、仏教の教えを守り一周忌が明けるまで、結婚式などの慶事は避けるのが基本です。

また、神社への参拝もNGです。

また、 喪中に新年を迎えた場合、祝いごとを避けるため、年賀状は出しません。

そのため、年賀状の送り先に、年賀欠礼のはがきを、12月初旬くらいに到着するように送ります。

喪中に年賀状を受け取った場合は、松の内(1/1~1/7)を過ぎてから、寒中見舞いで返事を出します。

喪中の人は、新年の挨拶も控えます。

おせちやお雑煮は普通の食事としてならOKです。

ただし、重箱や祝箸を使うのは避けた方が良いでしょう。

おとそは避けた方が良いでしょう。

忌中・喪中に遠慮すべきこと

忌中、喪中にある場合、故人の死を悼み、その冥福を祈ることから慶事などは避けるという考え方がありますが、必ずしもそうしなければならないというわけではありません。

一般的に避けた方がいいとされているのは、結婚式への出席などお祝い事、慶事とされることですが、身内に不幸が起こる前からすでに決まっていたことについては、参加してもよいといわれています。

また、遠方への旅行や豪遊など、贅沢にお金を使う行為も自重するのが一般的であり、他の人から見たらどのように映るのか?どのように受け取られるか?ということによるといってもいいでしょう。

常識の範疇を逸脱しない行動をこころがけ、その時々の状況に応じて対応するとよいでしょう。

喪中 おせち /喪中におせちを食べる場合

地域や家庭によって考え方が異なるとはいえ、喪中を全く気にせず食べることに抵抗のある人は多いです。

しかし、それでもおせちを食べたい場合、どのように折り合いをつければ良いのでしょうか。

実はいくつかのことに気を付ければ、罪悪感なくおせちを食べることができるようになります。

ここでは喪中におせちを食べる場合にやるべきことについてご説明します。

重箱に入れない

喪中におせちを食べる場合の基本的なマナーとして、重箱に入れないという方法があります。

基本的におせちは重箱に入れますが、その理由をご存知でしょうか。

重箱は名前の通り、料理を詰めたいくつかの箱を重ねるためおめでたいことを重ねるという意味が込められているのです。

しかし、弔事では「不幸の積み重ね」を連想させるため、重箱はむしろ縁起が悪いという見方ができますので、おせちは普通のお皿にのせた方が良いでしょう。

お皿にのせることでお祝い料理ではなく、日常的な食事に見えますし、豪勢な料理という印象も薄れます。

注意していただきたいのがお皿の柄やお箸です。

派手な柄のお皿にしては意味がないので、なるべく地味なお皿を選ぶようにしましょう。

また、おせちやお雑煮などを食べる時には祝箸を使いますが、喪中の時は普通の箸を用意するようにしましょう。

おめでたいイメージの料理を避ける

喪中であっても忌があけた四十九日後であれば、食べても問題ないであろうおせち料理ですが、料理の内容はいつも通りで良いのでしょうか?

これは、特に決まりはないので一概には言えませんが、紅白かまぼこや海老、数の子など明らかに祝いの膳になるような料理は避ける方が無難です。

実際に、おせち料理を販売しているお店の中には「喪中おせち」と謳って紅白かまぼこや海老、数の子などは入れないおせちを販売しているところが多いですね。

また、故人が好きだった料理を何品か重箱に詰めていつもとは違うおせち料理として食べるのも良いのではないでしょうか。

その際には、仏壇におせち料理を供えることも忘れずに。

お正月を祝うのではなく、故人を思い出しながらの家族団らんとして過ごすお正月はきっと故人も喜んでくれることでしょう。

何れにしろ、喪中のおせちに関しては食べて良い、悪い、何を食べる、食べないなどの決まりはありませんので、ご家族で話し合い結論を出されることをおすすめします。

避けた方がいいもの

  • お屠蘇
  • 紅白かまぼこ・紅白なます
  • くわい
  • 昆布巻き
  • 菊花かぶ

邪気を払って健康などを願うため、お正月は「お屠蘇」というお酒を飲む風習があります。

お屠蘇も飲むのは避ける、もしくは夜に少しだけ飲む程度に留めます。

後者にする場合もお屠蘇に金箔を入れることは避けてください。

鯛にはおめでたいという意味がありますし、くわいには芽が出てめでたいという意味があり、いずれもおめでたいイメージが出る語呂合わせとなっています。

同じ語呂合わせで避けた方が良いものとしては昆布巻きも挙げられます。

昆布巻きの「こぶ」は「よろこぶ」にかかっていて縁起が良いものとされています。

そして紅白かまぼこ・紅白なますですが、赤は魔除け、白は清らかさを表しているため、どちらもお祝い料理と認識されています。

菊は国の象徴であることから、菊花(きっか)かぶもお祝い料理です。

菊花かぶ以外の料理でも、人をもてなしたり、お祝いをしたりする際に飾り切りで見栄えを良くすることがあります。

しかし、飾り切りは喪中のおせちの場合は避けるようにしましょう。

入れても大丈夫なもの

  • 黒豆
  • ごぼう
  • 伊達巻
  • レンコン
  • 里芋

上記のリストで挙げた喪中のおせちに入れても大丈夫な料理は、あまりおめでたいイメージのない地味な料理です。

黒豆は「まめ」という読みかたから、まめに働けるようにという意味が込められています。

ごぼうは根野菜であることから、地に根を張り、家をずっと残せるようにという意味です。

伊達巻は知識が増え、賢くなるようにという意味があり、本来の名前はカステラかまぼこだったのですが、江戸へ伝わった後に伊達巻となったとされています。

レンコンは穴があることから、将来の見通しができるという意味があります。

さらに、蓮の花は極楽浄土の池で咲くため、清浄な野菜と言われています。

里芋は子芋が沢山できるところから、子孫繁栄を願うために使われます。

喪中にお雑煮を食べる場合

喪中にお雑煮を食べる場合は、おせちと同じく食材に気を遣うのが良いです。

紅白かまぼこなどは先述したようにお祝い料理をイメージさせるため、入れない方が良いでしょう。

他に「寿」という文字のついたかまぼこも販売されていますが、同様の理由から喪中のお雑煮には不向きです。

また、昔のお餅は高価であったが故に特別な時にだけ使われていましたが、現代のお餅は安価で入手することができます。

さらにお餅は長く伸びて切りにくいことから、長寿の願いが込められています。

このことから、紅白でなければお餅を入れても問題ありません。

それでも気になるという人はお餅の代わりに里芋を入れるのも良いでしょう。

喪中 おせち /まとめ

  • <お正月のおせち料理は基本的には喪中は控えなければならない/li>
  • ただし、家庭内のことなので、お祝いではなく普段の食事として食べるのは可
  • 近年では忌明け後ならおせち料理を食べてもいいとする考え方が一般的

お雑煮やおせちは喪中を気にせず、食べる場合もあることが分かりました。

おせちやお雑煮、おとそ(お酒)は新年のお祝いとみなされるため、駄目だという意見と、忌明け(四十九日)後なら大丈夫という意見もありますが、普通の食事として食べるのは問題ないという考え方が一般的です。

食材に気を遣うなどの配慮をすれば、食べても問題ありません。

現在は、従来の喪中期間を過ごしている人は少ないですし、初七日や四十九日が明けると、喪中を解くのが一般的になってきていますが、喪中におせちを食べる際はマナーに注意していただくようにしましょう。

関連記事:美味しい おせち /買ってよかったおせちランキング・おすすめのおせちを紹介